2歳児しつけのポイント

の2歳児 (Devil Two)

 2歳といえば『魔の2歳児』や『第一次反抗期』とも呼ばれる時期、英語でも「Devil Two」と呼ばれるほど親を悩ませる年頃です。
☆まだ早い?!2歳児のしつけ
☆しつけはアイディアで勝負
☆しつけを諦め、今だけ我慢する!
☆ひとり悩まず、ネットで相談する
☆具体的しつけテクニック書籍・DVD

 イヤイヤや反抗、泣きわめきやかんしゃくなどがピークになる2歳児、「しつけ」で頭を抱える方も少なくありません。

い!?2歳児のしつけ

 言葉がある程度通じて、自分の意志を持ちはじめる2歳児の時期なので、親としては、ついつい、成長した子供と同じような行動を期待してしまいます。しかし、2歳児の脳はまだ自分の感情がコントロールしたり、周囲の状況や人の話しを理解できるほど発達していません。2歳児はまだまだ未発達な状態なので、落ち着きがなかったり、わがままを言ったり、気まぐれを起こしたり、突発的な行動で親を困らせてしまうのです。
 しかし、世間では「しつけは親の責任」と言われるため、親としては何とか子供をしつけようと頑張ってしまいます。ただ、親がしつけようと努力しても、しつけを理解できるほど脳が発達していない2歳児に効果はありません。そして、言い方やしつけ方が強く厳しくなるほどに、それが子どものストレスとなり、泣きわめいたり、かんしゃくを引き起こして逆効果になることもあります。

をしたいの? 理解して協力してあげる – しつけはイディア勝負

 我がままを言ったり、反抗したり、泣いたりする場合など、ます、子どもが一体何をしたいのか話をしっかり聞いて理解してあげることが大切です。その上で、ダメと叱るのではなく、一緒にやってあげたり、満足するよう手伝ってあげるのがポイント。2歳児はダメと言われると反発しますが、満足すればすぐに飽きて止めます
  子「いい?」⇒ 親「それはダメ!」
  子「わ~い」⇒ 親「ウルサイ!」
という、否定的な答えをダイレクトに返す対応ではなく、
  子「いい?」⇒ 親「イイよ!こんなのもあるよ!」
  子「わ~い」⇒ 親「楽しいね!次はヒソヒソ声でやろうか!」
という肯定的な流れで話をするなど、子供の抵抗を無くすアイディアがしつけの勝負どころかもしれません。

しつけを、今だけ!とするのも大事

 この時期の『イヤ』『ダメ』などの言葉は、悪く言うとワガママですが、実は子供がしっかり成長している証です。片言の言葉で自我が芽生えたばかりの未発達な2歳児には、しつけはまだ早いのかもしれません。
 しかし、親としては毎日毎日我がままやイヤイヤばかり聞いていると、どうしてもイライラしてしまいます。『今さえ越えれば楽になる!』と頭の片隅に置いておけば少しは気が楽になります。周りの状況や人を見てたくさんの事を吸収して成長する時期だからこそ、余裕を持った態度で接してあげましょう。

とりでず、相談しよう。参考にしよう。

 残念ながら、子育には、絶対に上手く行くという正解はありません。色々試したけどダメだったなんて、当然のことです。落ち込んだり悩んだりする必要は一切ありません。
 子育てについては、一人で悩むよりも、同じ年頃の子供を抱えるママやパパに相談すると、気も楽になり、参考になることも多く、新たな発見があったりします。もし、身近に相談できる人がいない時には、インターネットで相談したり、育児法の書籍やDVDを参考にすると良いでしょう。
 一般書店にある育児書などは大半は大学の先生などが書くため、考え方や行動パターンなど学術的な内容が多い傾向にあります。一方、手軽に出版できるインターネット書籍やDVDは日々育児に苦労してきた子育て主婦や保育園の先生などが書いており役に立つネタが多いです。また、同じ2歳児を持つ人たちの経験話や、育児法のケース別・場面別の上手な対応方法などはとても参考になります。

ダメな理由を話してあげるのがポイント

 2歳という時期は自我や意思がしっかりしてきて、なんでも自分中心に物事を考えだす時期です。それが『イヤイヤ』などにつながるわけで、親としては苦労するのですね。しつけの仕方としては1歳と変わりなく、目線を子供と同じ高さまで下げて、なぜこうするのか、なぜこれがいけないのかという理由を話してあげるという方法で良いと思います。
 ここで重要なのは、「怖がらせたり・叩かない事」です。特にこの時期は親がする事を模倣します。親が怒って叩けば「あ、怒ったら叩いて良いんだ」と学習し、お友達などを叩いてしまう子になる場合もあります。怖いこと・痛いことが強い印象として残ってしまい、言われていることはそっちのけになってしまいます。