育児のストレス

「子どもが言うことを聞かずに困っている」
「我ままばかり言う我が子をウザイと思ってしまう・・・」
「今の育て方のままで、この先、ちゃんとした子供に育てられるか心配・・・」

育児に関して、この様にストレスを感じている方は、とても多いのが実情です。

悪循環を断ち切ることが大切
自分の思うように行かないのが子育てとは言うものの、イライラした状態では子供にあたってしまい。より一層反抗するようになります。残念ながら、そんな悪循環が繰り返されていることが多いのです。この悪循環がエスカレートすると、虐待やノイローゼーといった深刻な問題を引き起こすことにもなります。何よりも、この悪循環を断ち切ることが必要なのです。

責めること非難することは反感を招く
「どうしていつもxxxxxなの!」
「なんでxxxなの!いい加減にしなさい!」
「遊んでないで、早くxxxしなさい!」
この様に頭ごなしに、言うことを聞かせようとすることは、反感を招き、子供は聞く耳を閉ざしてしまいます。その上、より厳しく叱らないと言うことを聞かなくなり、すると子供はさらに聞く耳を閉ざしてしまうのです。

では、どうすればよいか?
一つの方法として、子供に対して叱ったり命令するのではなく、こちらの要求や感情を伝える方法があります。
「ママは、早くxxxして欲しいな。」
「xxxすると、ママは悲しいな。」
「ママは、xxxだと思うの。」
この様なパターンで、こちらの要求や感情を子供に伝える方法があります。
この様に言い方を変えることで、子供の反応も次第に変わり、「xxxするとママが悲しいからやらない」 「ママのために早くxxxしたよ」 と、徐々に自分で理解して動くようになるのです。よかったら、一度試してみてください。
その他の方法もたくさんあるので、試してみたい方は参考資料が参考になります。