しつけ箸とは

食事のマナーの1つである箸の持ち方。皆さんはどうですか?実は私、正しい箸の使い方ができません。クロスしてしまう持ち方です。うちの母親もその持ち方で『口に入ればいい』という考えの持ち主でした。私もその考えで育ってきたので何も思わなかったのですが、いざ大人になって彼(今の主人)のご両親と食事をする際など、正式な席で自分の箸の持ち方が恥ずかしい、正しい持ち方に直しておくべきだったと感じました。

 今はしつけ箸というお箸がよく売られています。片方のお箸に指を入れるリングがついているもの、箸にデコボコがあってそのくぼみに指を合わせて持つものなど。自然と正しい持ち方ができるお箸です。中でも一番気になるのはエジソンのお箸。これはリングの数も多く、箸が連結しているもので、かなり強力なしつけ箸かと思います。うちの娘ももう少ししたらぜひとも使用したいと思っています。間違った箸の持ち方を覚えてしまう前に、一番最初に正しい持ち方を教えてあげれば矯正するより本人も楽だと思いますしね。

 しつけ箸はサイズも様々で、小さい子用だけでなく小学生や中学生、大人向けにも販売されています。年齢があがればあがる程直すのが大変にはなると思いますが、キレイな箸の持ち方ができるに越したことはありません。(身を持って感じました)お子さんの箸の持ち方に悩まれている方は、一度使ってみる価値はあると思います。私自身もこれを機に、使用を検討してみたいと思います。