トイレ トレーニング

育児の大きな壁の1つ、トイレトレーニング。第三者からすれば『大人になってもトイレで用がたせない人なんていないんだから大丈夫』と思われがちですが、トイレトレをする親御さんからすれば大きな壁の1つだと思います。

体の準備が整ってから
今は昔と違って、トイレトレーニングを始める時期も遅くなっています。大体2歳過ぎくらいから始める方が多いのではないでしょうか。その頃になるとトイレトレーニングを始める必須条件である『言葉』が出てくる頃ですね。他の条件としては一人で上手に歩ける事、おしっこの間隔がある程度あいてくる事などがあるようです。 早くにオムツがとれれば楽かなと思う方もいるかもしれませんが、ある程度成長して身体の感覚や言葉も発達してからの方が親も子供も楽にトイレトレーニングを完了させる事ができるかもしれませんね。

急がなくても大丈夫
ちなみにトイレトレーニングは早く始めるから早く終わるというものではありません。月齢が早い時期から始めれば、まだ身体や脳の発達が追いついていませんので、その分完了まで時間がかかります。大体3歳台までに終わらせておくと良いと言われていますので、焦らなくても良いと思います。

最適な季節は「夏」
そしてトイレトレーニングに最適な季節といえば夏。まず洗濯物がすぐ乾く事、そしてトイレに行きやすい(寒いと大人でもトイレが面倒くさくなりますね)という事。私の知人はかなり思い切ったやり方ですが、パンツをはかせないというトレーニングを実行していました。寒くないという事はトイレトレーニングにはとても重要なんですね。

トイレに誘うことから
トレーニング方法としては、まず寝起きすぐなどにトイレに誘うということ。そこでたまたまオシッコが出たら『上手にシーシーできたね』などと全身全霊で褒めてあげましょう。ちなみにウンチの場合は食後や子供がウンチをしそうになった時(人目につかない方へ行ったり動きが止まったりしますね)『ウンチしにいこうか』などと誘ってみましょう。そして用がたせたら同じく褒めてあげましょう。

失敗しても怒らない
そして最後に重要なこと、それはとにかく『怒らないこと』です。例えば1日に何度もおもらしされたり、オシッコをしたいのに『したくない』と言い張っておもらししてしまったりすると、イライラも溜まって怒鳴りたくもなりますね。しかしそこはグッと我慢です。トイレトレでは後戻りも付きものですし、長い目で見守ってあげる事が大切です。