寝つき・寝起きが悪い

子供の寝つきが悪かったり寝起きが悪かったりして悩んでいる方は多いと思います。母親の場合は家事にも追われていますから、子供の寝つき、寝起きに時間をとられる事でイライラしたりもしてしまいますね。少し対処法を紹介します。

 まず寝つきの悪いお子さんの場合。大人の方にも効果があるものばかりですが・・・

・寝る前にぬるめのお風呂にしっかりつかり、身体の芯から温める事
・寝る前に温かい牛乳などの飲み物を飲み身体を温める事
・寝る前はTVやゲーム、また身体を使った激しい遊びは避ける事
・昼間に身体を使った遊びを多く取り入れる事
・できる事ならば家族全員が子供の就寝時間に合わせて家を真っ暗にしてしまう事

人間が眠りやすい状態として、身体が温まっているという事があります。私でも足が冷たい時は、目がさえて全く眠れません。足が温まった瞬間に睡魔がやってきます。そして寝る前のTVやゲームは脳を活性化させてしまいますし、身体を使った激しい遊びも興奮状態になってしまいますので寝付く事ができません。そして究極なのが家族全員がその時間に就寝する事です。子供も起きていても仕方なくなり知らない間に眠ってしまう事が多いようです。

 次に寝起きが悪いお子さんの場合・・・

・就寝時間を早くする
・起床時間の少し前にカーテンを開け、太陽の光を入れてあげる
・寝起きに好きな物を用意しておく(食べ物以外でもOK)
・外出する場合は早めに(例えば2時間前など)に起こすようにする

起床するにあたって、太陽の光を浴びることは想像以上に有効です。これはすぐにでも実践してほしいと思います。また、稀に睡眠障害の場合もありますので、睡眠中よく観察し、ゆっくり眠れているかどうかも見てあげてください。(イビキをかいたり足をよく動かしている等はないか)