ヤル気にさせるしつけ

子供をやる気にさせるしつけ、皆さんはどのような事をしていますか?一番多い答えは『とにかく褒める』ではないでしょうか?もちろん中には褒められてもやる気にならない子もいると思いますが、ほとんどの子供は褒められる事で『もっと頑張ろう』と思います

 私の母はほとんど子供を褒める事はありませんでした。例えばテストで良い点数をとって見せても『ほーんとぉ!!じゃあ次はもっと頑張れるんじゃない?でもアンタは他の教科がダメだから・・・』と、最初の『ほーんとぉ!』しか褒めている部分はありません、なおかつ最後には私の悪い部分をひきだす始末・・・。今になって思えば母は褒めるのが苦手な性格の人なんですけどね。だから過去に数回、素直に褒められた時にはやる気が出たものです!本音としてはもっとたくさん褒めて欲しかったなと今でも思っています。

 そして最近ではかけっこなどの競技で順位をつけない幼稚園もあるようですが、順位をつけることって必要だと思います。順位が存在する事で悔しいという感情も生まれますし、やる気も出ます。まぁ、走るのがとても遅かった私自身は徒競走の参加などかなりイヤでしたけどね。それでもクラス内での学力の順位や趣味のスポーツの競技における順位などはすごく気になりましたし、それを見てもっと頑張ろう!と思えました。

 年齢が上がり、中学生、高校生になると褒めるだけでは難しいかもしれませんが、褒められて嬉しくない子供はいないと思います。それくらいの年齢の場合、ただ単に褒めるだけではなく、どこがどのように良いのか、具体的なポイントをおさえて褒めてあげると、より効果的かと思います。