しつけとスポーツ

子供のしつけをしていく上で、スポーツはとても大切なものだと思います。身体を動かす事は健康にも良いですし、それでいて自然と子供のしつけにとって良い環境が得られるわけですから、一石二鳥とも言えるのではないでしょうか。

 例えばスポーツは1人ではなくチームで行うものが多いですね、その場合、他の子供たちとの協調性が養われます。1人だけではなく他の人と助けあう事の大切さを知る事ができますね。また、目標に向かって全力で頑張る事、それを達成した時の達成感、達成できなかった時の悔しさなども知る事ができます、こういった感情はその後スポーツだけでなく様々な部分で生かされる事だと思います。そしてスポーツをするとなると目上の人、先輩との関わりも自然と覚えていくでしょうし、親が無理に教える事なく子供は自然とマナーを身につけていけるでしょう。

 他に親と一緒にスポーツをする場合でも、外に出ることになりますから、自然と公園の使い方、体育館の使い方などの公共施設の使い方、マナーも学ぶことができます。サイクリング、ジョギングなどで道路などを横断する場合は交通に関するしつけも自然な流れで行う事ができます。

 何よりも親が強制的にしつけるというより、子供が自然に身体で吸収する事ができるというのがスポーツの良いところだと思います。子供も口頭だけで聞くのではなく、楽しい事をしながら学ぶ事ができるので飲みこみも早く、継続する力も強いと思います。